au WALLET カード 情報

エーユーウォレット関連等を、auユーザー歴19年以上の管理人が書くブログ。記事数は2,100以上!

セキュリティー

[要注意] カード情報を撮影し悪用 - 元コンビニ従業員逮捕 [約120万円の被害]

更新日:

アルバイト先のコンビニエンスストアで、客のクレジットカード情報を盗み取り不正利用したとして、男が電子計算機使用詐欺容疑で警視庁に逮捕された。
客から支払時に渡されたカードをひそかにスマートフォンで撮影していたという。
日本クレジット協会(東京都中央区)によると、ごく簡単な手口を含むクレジットカード情報の「盗み取り」による被害は年間約60億円に上るという。

容疑者は2014年9月~12月、当時勤務していた東京都調布市内のコンビニで男性客2人のクレジットカード情報を盗み、その情報を使って電子マネー17万6,000円分をだまし取ったとしている。
警視庁サイバー犯罪対策課によると、容疑を認めており、少なくとも客12人のカード情報を不正利用し、電子マネー50万円分を得たほか、ネットショッピングで70万円を使っていたとみられる。

容疑者は、アルバイト先のレジで客がカードでの支払いやポイント加算を求めると、機器が不調なふりをして時間を稼ぎ、カードの記載情報をスマートフォンで動画撮影するなどしていたという。

関連:詐欺容疑:カード情報を撮影し悪用…元コンビニ従業員逮捕 (毎日新聞)

容疑者は昨年2~9月、調布市内のコンビニに勤務。
会計時に客が目を離した隙に、メモしたりスマートフォンで撮影したりして、クレジットカードの番号や有効期限を入手していた。
これまでに少なくとも12人のカード情報で、電子マネーのチャージやブランドバッグの購入に計約120万円を使ったとみられる。

関連:客のカード情報盗み取って電子マネー購入 容疑の元コンビニ店員逮捕 (産経新聞)

カードを利用しはじめたころに思ったのですが、カードは便利ではあるが、非常に怖いなと。

ネットでカード決済する場合、必要なのはカード番号、名義、有効期限、場合によってはセキュリティーコード(CVV番号)です。

au WALLETカード

セキュリティーコード(CVV番号)

セキュリティーコード(CVV番号)が不要な場合、カード表面の情報だけでカードが使用できてしまいます。

銀行のキャッシュカードのように、暗証番号を聞いてこない。

これは非常に便利なのですが、カードにある情報が全てですので、非常に危険です。

カードそのものが手元になくても、カード「情報」だけで決済できるということです。

今回のように、撮影されるとそれで終わりですし、撮影でなくても、記憶力の非常にいい人がいるかもしれません。

今の時代、カメラはスマホに付いており、誰でも撮影できます。

コンビニレジを監視しているカメラの画質が上がると、そこにもカード情報が記録される危険性があります。

カードを撮影されたのと同時に不正利用されたなら、その日時からその原因に気付くかもしれませんが、不正利用はその後のどこかの時点(犯人の任意)ですからね。

カードを撮影されたのに気付かなければ、不正利用に気付いたとしても、その原因は分からないでしょう。

また、カードの対面使用もカンタンです。

コンビニでau WALLETカードを使って支払う場合、au WALLETカードを出すだけです。

暗証番号を入力したり、身分証を提示する必要もありません。

サインも、金額が小さい場合は不要なことが多いですし、サインが必要であっても、裏面の署名欄に書いてあるので、それを真似ればいいだけですし、同じかどうかを店員さんは細かく見ませんからね。

よく考えると、こんな危険なシステムが普及しているのが不思議なわけで。

カンタンであるがゆえに普及するのでしょうが、あまりにカンタンすぎます。

au WALLETカードの場合は、残高上限10万円ですから、不正利用されても10万円以内に収まりますが、それでもカード停止や再発行など、面倒な処理が必要ですし、気分的にスッキリしません。

au WALLETカードはプリペイドカードでありクレジットカードではないので、一部を除き、補償はありません。

クレジットカードは非常にカンタンすぎるシステムのため、不正利用に対する補償がセットであるべきなのですが、近年、急速に普及しているプリペイドカードやデビットカードは、クレジットカードの便利な面だけが抜き出され、補償が付いてきていないのです。

補償を付けるとなると審査が必要となり、カンタンに持つことができなくなってしまうのですが。

危険だからとカードを使わないと持っている意味がありませんし、店で使うにしても、店員に悪意があるか、すさまじい記憶力があるかは分かりません(笑)ので、どうしようもありません。

いずれにしても、不正利用がないかを、常にチェックすることが重要です。

au WALLETカードの場合は、au WALLETのページアプリでカード利用明細(現在は「お買い物履歴照会」となっている)をチェックすることです。

カード利用明細をチェック!

au WALLETカードを使っていないからといって、カード利用明細をチェックしないでいると、不正利用に気付きません。

カードを使わなくても、カード利用明細はチェックする必要があるのです。

銀行口座と結びついたデビットカードの場合は、銀行口座の残高を確認しましょう。

JNB Visaデビット

キャッシュカードを盗まれた際、暗証番号が分からなければ現金を出せませんが、デビットカードとして使われると、暗証番号は必要ないという...

1回あたり、1日あたりの利用限度額を設定できる場合もありますので、これが必要以上に大きな値となっている場合は、下げておきましょう。

その際、デビット額だけでなく、ATM出金額、振込額も見直しておきましょう。

まぁ、カードをハードに使うなら、プリペイドカードやデビットカードでなはく、補償の付いているクレジットカードにしましょう。

冒頭で書いたように、カードは非常に便利ですが、あまりにカンタンすぎます。

悪意のある人間がどこにいるかは分かりませんので、不正利用されることに備えた(これが補償)、カード利用が重要です。

クレジットカードではOKだが、プリペイドカードやデビットカードは利用できない種類の支払いもあるので、そういう意味でも、クレジットカードを1枚は持っておきたいところです。

関連:au WALLETカードと合わせて持ちたいクレジットカード [au WALLETカードはプリペイドカードでありクレジットカードではなく、盗難紛失不正利用に対する補償もない]

関連:au WALLET カードの「セキュリティーコード(CVV番号)」の場所と「暗証番号」の設定方法 [au WALLET カード]

関連:[要注意] ATMでカード情報が狙われる事案(スキミング)

関連:[要注意] レジにウイルスが感染し、カード情報が狙われる事案

関連:インターネット上でのカード情報の管理にご注意 (日本クレジット協会)

関連:インターネット取引におけるID・パスワードの使いまわしによる不正使用被害にご注意ください (日本クレジット協会)

kanren



-セキュリティー
-,

Copyright© au WALLET カード 情報 , 2019 All Rights Reserved.