PlayStation Storeの支払いにau WALLETカード(プリペイド)が使用可能だが、その注意点は?

2019年7月25日

PlayStation Store/PSN(PlayStation Network)に於ける、PlayStation3/Vita/4のゲームのダウンロード販売で、au WALLETカード(プリペイド)が使用可能でした。

PSN(PlayStation Network)

といっても、直接のカード決済はできず、先にPSNの「ウォレット」にチャージ(入金)する必要があります(クレジットカードでも同様)。

PSN(PlayStation Network)にログイン(サインイン)し、右上にあるユーザー名をクリックし、支払い管理を選択します。

支払い管理_PSN

支払い方法を設定していない場合、「お支払い方法を登録」をクリックします。

お支払い方法を登録_PSN

誤操作で支払われないようにするには、「購入時にパスワードを確認する」をONにするといいでしょう。

自動的に定額制サービスが更新されないようにするには、その下もONにするといいでしょう。

「クレジットカードを登録」を選択します。

クレジットカードを登録_PSN

au WALLETカード(プリペイド)はクレジットカードではなくプリペイドカードですが、登録は可能です。

関連:au WALLETカードと合わせて持ちたいクレジットカード [au WALLETカードはプリペイドカードでありクレジットカードではなく、盗難紛失不正利用に対する補償もない]

但し、カードの有効性を確認するために少額の引き落としが発生するので、残高0では登録できない可能性があります。

そのため、さらに千円程度のチャージ(入金)を行っておく必要があります。

私の場合は、100円の引き落としが発生しました(後日戻る、後述)。

次に、クレジットカード番号、名義人、有効期限、CVVを入力します。

カード情報入力_PSN

カード番号の下にカードブランドのマークがありますが、これはカード番号を入れることで自動的に選択されます。

名義人は、ローマ字(例:TARO YAMADA)で入力します。

有効期限は、月/年の順です。

CVV番号とは、カード裏面にある数字です。

セキュリティーコード(CVC/CVV番号)

関連:au WALLET カードの「セキュリティーコード(CVC/CVV番号)」の場所と「暗証番号」の設定方法 [au WALLET カード]

これで、PSNに対するau WALLETカード(プリペイド)の登録は完了しましたが、PSNのウォレット残高は0円のままです。

「チャージ(入金)する」を選択し、支払方法として追加したau WALLETカード(プリペイド)を選択します。

ウォレットへチャージ(入金)_PSN

チャージ金額を選択します。

選択肢は1,000円、3,000円、5,000円、10,000円、上限は20,000円までです。

チャージ金額を選択_PSN

今回は、1,000円をチャージしてみました。

チャージ完了_PSN

これで、PSNのウォレット残高が1,000円となります。

ウォレット残高_PSN

千円を決済したことで、(auの)WALLETポイントが5ポイントたまることになります(税込200円毎に1ポイント)。

この状態で、ゲーム機やパソコン/スマホ/タブレットなどのブラウザからゲームを購入することができます。

問題点は、一旦PSNのウォレットにチャージする必要があり、かつ、その選択肢が1,000円、3,000円、5,000円、10,000円しかないことです。

つまり、千円以下のゲームを購入する場合でも、1,000円の出費が生じてしまいます。
残った端数は他のゲームを買う際に使えますが、多くの場合は不足するので、追加でチャージする必要があります。
ほとんどの場合、完全に使い切って残高を0円にすることはできず、常に何らかの端数が残った状態となります。
ウォレットに1円単位でチャージできないのが問題なのですが、このような商売のヤリ方なので従うしかありません。

—–

追記:2019年7月現在では、以下の方法で残高をゼロにすることが可能であり、無駄なくゲームを買うことができます。

ウォレット残額とコンテンツの金額の差額が1,000円未満の場合、PS Storeからカートに入れたコンテンツを購入する時に限り、1,000円未満の金額をウォレットにチャージすることが可能です。

残高ゼロ_PS Store

関連:ウォレットへクレジットカード / デビットカードでチャージする方法 (SONY)

—–

上で書いた、カードの有効性を確認するために少額の引き落としに関してですが、カードの登録時に発生します。

私の場合は、100円の引き落としが発生しました。

なので、ウォレットに最低額の千円をチャージする場合、au WALLETカード(プリペイド)には1,100円の残高が必要になるわけです。

カード登録後は、このような少額の引き落としは発生せず、カード登録時のみとなります。

少額の引き落としは、当日の内に「支払取消」として戻ってきます。

支払取消_PSN

お買い物履歴照会(カード利用明細)では、マイナス(-)で表示されます。

出費がプラス(+)なので、戻りはマイナス(-)ですね。

このような、カードの有効性を確認するための少額の引き落としはPSN(PlayStation Network)以外でも発生することがあるので、au WALLETカード(プリペイド)を使うなら、多少の残高の余裕が必要になってきます。

引き落としが成功すればカードは有効、と判断しているわけですね。

なお、他の決済方法としては、上述のプレイステーション ストアカードや、PayPal、楽天Edy、キャリア決済があります。

キャリア決済は、ドコモ ケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いが用意されています。

auかんたん決済は後払いなので、現時点で金銭の余裕がない場合に向いているかもしれません。

なお、キャリア決済の場合でも、チャージの選択肢は1,000円、3,000円、5,000円、10,000円しか用意されておらず、多くの場合、端数が余るのは同様です。

ポイントを考えるならau WALLETカード(プリペイド)やau WALLET クレジットカードを使用、支払時期を考えるならauかんたん決済でしょうかね?

—–

2019年7月追記:ソニー銀行のデビットカード(Sony Bank WALLET)だと2%のキャッシュバックとなるので、PlayStationでDL版のゲームを買う人はメリットがあるでしょう。

Sony Bank WALLET

関連:[ソニー銀行] Visaデビットの使用でもれなく千円がもらえる! [エントリー不要]

—–

但し、PS3版のPS Storeに於けるモバイル決済(キャリア決済)の利用は、2017年12月20日(水)を以て終了しました。

関連:PlayStation3版 PlayStation Storeにおけるモバイル決済の終了に関するお知らせ (2017年12月20日)

PS4版やウェブブラウザ版では引き続き利用可能です。

関連:Steam(スチーム,ゲームDL販売)で、au WALLETカード(プリペイド)が使用可能!

関連:[auかんたん決済] チャージ可能額(7万円)を全て入金した結果wwwww [au WALLET プリペイド]

関連:auかんたん決済によるチャージ(入金)の選択肢に2万5千円が追加?

関連:[ER010] au WALLET カードの上限金額は10万円まで、超過入金しようとすると!

関連:auかんたん決済のチャージ限度額を超えてチャージしようとすると…(MPLE0140)