[au PAY] au PAY アプリからSuicaにチャージで500ポイントもらえる! [2022年4月18日-5月15日]

キャンペーン初期にいきなりエラーwwwww

Suicaへチャージができない事象

-----

au PAY アプリ(Android版)からSuicaに3,000円以上チャージすると、もれなく500Pontaポイントがもらえる「au PAY×Suicaチャージキャンペーン」が行われています。

au PAY×Suicaチャージキャンペーン

関連:au PAY×Suicaチャージキャンペーン (au/KDDI)

期間:2022年4月18日-5月15日

条件(①②を両方満たすこと)
①au PAYアプリでSuica連携すること
②au PAY 残高からSuicaへ、期間累計3,000円以上チャージすること

ポイント加算時期:2022年6月末まで

iPhone(iOS版)は対象外ですwwwww

Suicaはコード決済ではなくタッチ決済なので、FeliCaに対応したAndroidスマートフォンが必要です。

モバイルSuicaアプリが必要

連携には、モバイルSuicaアプリが必要です。

モバイルSuica

関連:モバイルSuica (Android版)

Suica連携を行うには、au PAY アプリを起動し、au PAYの「裏」にある、緑色のSuica券面をタップし、

au PAYの「裏」にあるSuica券面

Suicaの会員登録を行う必要があります。

Suica会員登録

カードタイプのSuica定期券を利用中の人は、以下の手順に従い、モバイルSuicaに切り替える必要があります。

関連:Suica定期券(カード)をモバイルSuicaに切替える場合 (JR東日本)

カードタイプのSuica(定期券以外)、及び期限切れのSuica定期券の人は、モバイルSuicaに切り替えることができないので、モバイルSuicaの新規会員登録を行い、「新規に」Suicaを発行する必要があります。

既にモバイルSuicaを使っている場合は、情報登録済なので、入力は不要で、「モバイルSuica利用規約」への同意だけで連携が完了します。

モバイルSuica利用規約

Suicaを持っていない人は、モバイルSuicaの新規会員登録を行い、新規にSuicaを発行する必要があります。

モバイルSuicaを使っている人は、数ステップで連携が完了するのでいいのですが、そうでない人は、上記のように情報入力が面倒なので嫌(イヤ)になりますね。

既にカードのSuicaを持っている人は、モバイルSuicaに切り替えることができず新規発行が必要となり、カードとモバイルで残高が分散してしまいます。

なお、連携が完了すると、Suicaにau PAY アプリからチャージ(入金)することができるようになり、その際に、200円毎に1ポイントがたまります。

機能の差

au PAYとの連携後も、モバイルSuicaアプリは使えますが、機能が異なります。

au PAY残高からのSuicaチャージ
 au PAY アプリでのみ可能

モバイルSuicaに登録したクレジットカードからのSuicaチャージ
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

コンビニ、チャージ機等での現金によるチャージ
 両方で可能

電車での利用
 両方で可能(当然、FeliCaに対応したAndroidスマートフォンが必須)

買いものでの利用
 両方で可能

残高表示
 両方で可能

利用履歴表示
 両方で可能だが、au PAY アプリは数日分しか表示できない

定期券の購入
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

購入済み定期券の表示
 両方で可能

Suicaグリーン券の購入
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

タッチでGo!新幹線
 両方で可能

エクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線)
 両方で可能

JRE POINT・Suicaポケットの受取り
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

ネット決済
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

再発行
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

チャージ払い戻し・退会
 モバイルSuicaアプリでのみ可能

注意点

au PAYのSuicaチャージの上限は、Suica残高と合わせて2万円です。

複数のSuica残高を1つにまとめることはできません。

Pontaポイントを直接Suicaにチャージすることはできません。
au PAY残高にチャージしてから行う必要があります。
但し、au PAY残高へのPontaポイントのチャージは、100ポイント以上、100円単位です。

何のメリットが?

au PAY アプリとSuicaを連携して利用するメリットは、モバイルSuicaへのチャージの際に、200円毎に1ポイントがたまるということですが、アプリの機能的には、公式より劣ります。

au PAY×モバイルSuica

既存のカード利用者で、券売機にて現金でチャージ(=特典なし)していた人は、チャージでポイントが得られるので、カード残高は移行不可、かつ登録は面倒ですが、本キャンペーンで500円もらえることもあり、連携するメリットはあるでしょう。

目下、au PAYでの支払いは、タッチ決済に非対応なので、一旦Suicaにチャージし、Suicaのタッチ決済を使って支払うという方法があります。

利用する店がau PAYに非対応でも、Suicaに対応していれば「経由決済」が可能となります。

例えば、マクドナルドの店舗がそうですかね。

クレジット/デビット/プリペイドカード、交通系カード、iD、楽天Edy、WAON、nanaco、QUICPayは使えますが、QRコード決済は、目下使えません(PayPayも非対応)。

そのような時に「経由決済」が生きてくるでしょう。

# 私はiPhoneなのでApplePay(=QUICPay)を使いますが。

# マクドナルド モバイルオーダーには、ネット支払いとして、2022年4月5日から対応。

関連:[au PAY] 2022年4月に使用可能となったところ [サードプラネット,マクドナルド(モバイルオーダー),TOYOTA Wallet]

au PAY→Suicaのチャージの際にポイントはたまりますが、Suicaの利用ではポイントはたまらないので、ポイント二重取りとはなりません。

また、au PAYでのキャンペーンも対象外となるので、状況を見てau PAYで支払うか、Suicaを経由して支払うかを判断しましょう。

しかし、FeliCaに対応したAndroidスマートフォンが必須なので、FeliCa非対応端末の人、及びiPhone利用者は諦めるしかありません。

iPhone7以降のiPhoneはFeliCaに対応しているので、iOSも対応してくれるといいのですが、Appleがらみの大人の事情でしょう…

最近、Suicaしか使えなかったJR東系のコンビニで他社のカードが使えるようになるなど、JR東は枠を外してきた感があります。

元国有鉄道の圧倒的な力を背景に、他を参入させない商売をしてきましたが、それももう頭打ちということでしょうか…

構図的に頭打ちではなく、もっと上のレベルで。

人口減少、国力衰退で、もうどうにもならない状態なのです。

麻生●郎「電車?ンなもン乗らねェから(笑)」

GAME OVER

関連:[au PAY] 「マクドナルド モバイルオーダー」で最大10%還元! [2022年4月20日-5月8日]

関連:[au PAY] 2022年4月に使用可能となったところ [サードプラネット,マクドナルド(モバイルオーダー),TOYOTA Wallet]

関連:[au PAY] タリーズコーヒーで10%還元 [2022年4月1日-4月30日]

関連:[au PAY] タリーズコーヒーの50円引きクーポン [2022年5月1日-5月31日]