au PAY / au WALLET カード 情報

エーユーペイやエーユーウォレット、auかんたん決済関連等を、au歴21年以上の管理人が書くブログ。記事数は2,970以上!

[au PAY] 決済手数料の無料を延長! [2022年9月30日まで]

更新日:

もう、メチャクチャですねwwwww

au_KDDI

2021年8月30日、KDDIが、au PAY(エーユーペイ)の加盟店向け決済手数料を無料とするキャンペーンを1年間延長し、2022年9月30日までとすることを発表。

・振込事務手数料も、金融機関問わず無料で提供。
・入金サイクルは加盟店の都合に合わせて選択可能。
・加盟店契約の新規・既存は問わず、売上規模などの条件もない。

加盟店向けサイトの記載も、密(ひそ)かに変わっています。

2021年8月以降は有料化の可能性があります
↑2021年6月3日時点での表記

2021年8月1日時点での表記
↑2021年8月1日時点での表記

2021年9月1日時点での表記
↑2021年9月1日時点での表記

「2022年9月30日まで、決済手数料率が0%になるキャンペーンを実施いたします。」wwwww

au PAYの決済手数料の変遷

2021年7月31日までは無料、8月以降は3.25%

2021年8月以降は2.60%とするが、2021年8月1日-9月30日までは0%の「キャンペーン」

2022年9月30日まで無料の「キャンペーン」、10月以降は2.60%

朝令暮改に二転三転、首尾一貫せずコロコロ変わる、それがKDDI。

楽天ペイが実質無料化

手数料有料(3.24%)でやってきた楽天ペイが、2022年9月までの間、手数料だけでなく決済金の振込手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを開始。

楽天ペイ_決済手数料実質0円キャンペーン

関連:[楽天ペイ] 決済手数料を実質無料化 [2021年10月1日-2022年9月30日]

au PAYは生き残れるか?

先行するPayPay(ペイペイ)が、2021年10月以降有料するものの、「1.6%/1.98%」という低率としてきたので、

キャッシュレス業界最安水準の決済システム利用料

関連:[悲報] PayPayが中小店向け手数料を発表、なんと1.6%/1.98%! [au PAYは2.6%]

2.60%のままでは、au PAY(エーユーペイ)は確実に滅亡するところでしたが、再び謎の「キャンペーン」でこれを回避!

皆が応援すべきはau PAY!

PayPayとしては、低率とキャンペーンで競合を潰(ツブ)し、利用者数/加盟店数に大差が付いた(=競合消失)ところで、決済システム利用料を値上げしてくるでしょうし、競る必要がないので、キャンペーンも減少するでしょう。

なので、利用者側としては、競合がないとダメなのです。

au PAYユーザーは当然のこと、PayPayユーザーも、無理に強引にその気がなくてもau PAYを支援しましょう!

au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!au頑張れ!(棒読み)

今回の無料延長により、既存のau PAY加盟店は、「無料だったら残るか...」となるでしょうが、後塵を拝している以上、無料でも、新規加盟店は大して増えない?

結果、PayPayは有料(1.6%/1.98%)でも、競合QRやクレカよりは低く、利用者が多いので加盟継続、PayPayはコスト回収開始。

対するau PAYは、無料延長でコスト回収不可、既存加盟店は残るだろうが、新規は増えず、カネに余裕がないので大したキャンペーンもできず、PayPayとの差はますます開いてゆく。

アレ?

GAME OVER

関連:[au PAY] 決済手数料が2021年10月から有料化、加盟店離れの懸念 [3.25%→2.60%]

関連:[悲報] PayPayが中小店向け手数料を発表、なんと1.6%/1.98%! [au PAYは2.6%]

kanren



auひかり

ふるさと納税

au PAY ふるさと納税

Amazonギフト券

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック
アマゾン
15円分から購入可能、プリペイドカード残高の使い切りにも!

-au PAY, 経済
-, , ,

Copyright© au PAY / au WALLET カード 情報 , 2021 All Rights Reserved.