3Gケータイのライトユーザーは「ケータイ取り替えおたすけギフト 第1弾」で4G LTEケータイに動くべきか?

公開日: 最終更新日:2016/11/14

auユーザー必見!au公式/ビデオパス!初回30日間無料!

スポンサーリンク

3Gケータイ利用者が気になっているであろう、ケータイ取り替えおたすけギフトの第一弾。

ケータイ取り替えおたすけギフト

関連:「au STAR ギフト」に「ケータイ取り替えおたすけギフト(第1弾)」が追加!

まず、3Gケータイを使っているライトユーザーの月額費用を考えてみましょう。

ほとんど電話はせず、メールも少ししかしないライトユーザーですから、費用を安く抑えるため、パケット定額サービスやカケ放題には入らないこととします。

最安の「プランEシンプル」は月額基本使用料が743円(「誰でも割」適用時)で済みますが、これには無料通話が付かず、完全に受け専用です。

無料通話が1,000円分付く「プランSSシンプル」だと、月額基本使用料が934円(「誰でも割」適用時)なので、これを選択します。

ネットやメール(@ezweb.ne.jp)を使う場合は、EZ WINコース(月額300円)が必要となります。

他にもユニバーサルサービス料が必要ですが、ごく少額なので省きます。

月額費用:934円+300円=1,234円

となります。

無料通話は付かないが、au同士なら1時~21時まで国内通話が無料、au携帯電話宛SMS(SNSではない)が24時間無料の「プランZシンプル」というものもあります。

この場合、月額基本使用料は934円となります。

プランSSシンプルの場合、無料通話の1,000円分(通信にも充当できる)内に収まれば、それ以上はかかりません。

無料通話は無限期間繰り越し可能(但し、繰り越し可能上限額は5,000円まで)であり、月のバランスを取れば、繰り越し範囲内で収まるでしょう。

このようなライトなユーザーが、4G LTEケータイに移行したとすると…

まず、スマホではなくケータイであっても、3Gケータイと4G LTEケータイの料金プランは異なります。

無料通話が1,100円分付く「VKプランS」だと、月額基本使用料が998円(「誰でも割」適用時)です。

ネットやメール(@ezweb.ne.jp)を使う場合は、LTE NET(月額300円)が必要となります。

月額費用:998円+300円=1,298円

となります。

無料通話は付かないが、au同士なら1時~21時まで国内通話が無料、au携帯電話宛SMS(SNSではない)が24時間無料の「VKプラン」というものもあります。

ネットやメール(@ezweb.ne.jp)を使う場合は、LTE NET(月額300円)が必要となりますので、

月額費用:998円+300円=1,298円

となります。

まぁ、これだけだと1,200-1,300円程度ですから、さほど変わりはしません。

「誰でも割」(2年単位で自動更新)の更新期間にプラン変更を行い、「誰でも割」の途中解約による契約解除料を避ける必要があります。

但し、WIN⇔LTE間の契約変更なので、契約変更手数料3,000円がかかりますから、よほどのことでない限り3Gケータイを使い続けるのがいいでしょう。

使っている3Gケータイが古くなり、本体が痛んでいるとか、電池が持たないとかで困っている場合は、中古携帯屋でauの電話機を買うといいでしょう。

但し、そのままSIM(正確には「au ICカード」)を新端末に挿しても使えず、auショップに持ち込んでの登録処理(2,000円)が必要です。

この点が、ドコモやソフトバンクと異なり、auの非常に面倒なところです(ドコモとソフトバンクはSIMの挿し替えだけで動く)。

で、au STAR ギフトの中のひとつである、「ケータイ取り替えおたすけギフト 第1弾」ですが、

関連:「au STAR ギフト」に「ケータイ取り替えおたすけギフト(第1弾)」が追加!

これは、au STAR会員が同一の3Gケータイを49ヶ月目以上利用なら、対象の4G LTEケータイへおトクに機種変更できるというものです。

対象の4G LTEケータイとは以下の4機種で、毎月割は以下の通りです。

KYF32(かんたんケータイ):21,600円増額→32,400円割引(900円/月×36回)
GRATINA 4G:21,600円増額→37,800円割引(1,050円/月×36回)
AQUOS K SHF32:16,200円増額→37,800円割引(1,050円/月×36回)
AQUOS K SHF33:10,800円増額→34,560円割引(960円/月×36回)

KYF32

GRATINA 4G

AQUOS K SHF32

AQUOS K SHF33

いずれもスマホではなく、2ツ折の「ガラケー」ですが、現行のガラケーなので、古い3Gケータイよりかは各段にいいでしょう。

文字やボタンの大きなかんたんケータイもありますので、年配の人にも向きます。

新機種の大幅な割引が受けられ、さらに契約変更手数料が実質無料(3,000円必要だが翌月に引かれる)になるので、古い3Gケータイを使い続けるなら、この「ケータイ取り替えおたすけギフト 第1弾」を使って、新品の4G LTEケータイに機種変更した方がいいように思えます。

しかし、この「ケータイ取り替えおたすけギフト 第1弾」には条件がありまして、その条件とは、

スポンサーリンク

「対象機種への機種変更と同時『データ定額2~13(VK)』のいずれか、または『ダブル定額(VK)』に加入すること」です。

冒頭で書いたように、ライトなユーザーは、定額プランを必要としません。

定額プランに入っても、ほとんど使わないので、無駄になってしまうのです。

最も安いダブル定額(VK)は月額500円からですが、それはたった10MB/月までの間です。

そこから徐々に上がっていき、190.6MBに達すると月額4,200円(定額の上限)にもなってしまいます。

特に、端末が変わって慣れないために知らぬ間に通信してしまったり、必要のないアプリなどが勝手に通信(これが危険!)したりして、500円を超える可能性が非常に高いです。

# ソフトウェアのアップデートの類も危険です。
# Wi-Fi接続対応機なら家の固定回線の親機接続で回避できるでしょうが、固定回線がない人や、詳しくない人もいるので…

まとめると、「ケータイ取り替えおたすけギフト 第1弾」を受けた場合、

月額費用:998円(VKプラン)+300円(LTE NET)+500円~4,200円(ダブル定額 VK)=1,798~5,498円

となり、3GケータイのプランSSシンプル(1,234円)に比べると、564円以上も月額費用が上がってしまうのです。

使い方は変化しないのに出ていくオカネが増えるのは、無駄ではないでしょうか?

1年だと、564円×12ヶ月=6,768円!

毎月割の36回ということからも分かるように、36ヶ月(3年)必要ですから、

564円×36ヶ月=20,304円!!

SIMフリーのスマホが十分買えます(笑)

また、2016年11月から開始の「au STAR ロイヤル(契約年数とデータ定額料に応じてWALLETポイントを還元)」ですが、

au STAR ロイヤル

データ定額料1,000円毎に最大で100ポイントと知れていますし、対象のデータ定額サービスが限られていますし、

対象のデータ定額サービス

そもそもライトな使い方ではデータ定額不要なので対象外です。

関連:長期利用者優遇の「au STAR ロイヤル」は、ライトなガラケー利用者にはメリットナシ?

通話と軽いネットやメールしかしないのであれば、3Gケータイに鞭打って使い続けるか、安い程度の良い中古端末(数千円で買える)を入手してauショップに持ち込み、2,000円を払って使い続けた方がいいかもしれません。

これ↓は使えるかと思ったのですが、データ定額が異なるのでダメでしょうね。

関連:[ドコモに対抗] 4G LTE ケータイ向け「スーパーカケホ」と0円から使えるデータ定額サービス、月額1,500円から [au]

auの設備の都合で3Gケータイが使えなくなる時が来るまでは。

私は16年以上のauユーザー(セルラー時代の白黒ケータイから)ですが、過去、古い端末を使い続けていた人には「あなたのケータイはもう使えなくなるので」ということで、無料で新機種に交換できるハガキが来てましたね。

通信方式の進化に伴い、旧来の設備を廃していく(残すと維持費用が掛かる)ので、古すぎる端末は使えなくなるのです。

これはキャリアの都合(ユーザーには費用を求められない)ですから、無料で新機種に交換となるのですね。

設備を維持する費用よりも、旧端末のユーザーに新端末を撒いた方がコスト的には安く済むということです。

なお、「ケータイ取り替えおたすけギフト 第1弾」は、2016年12月31日までですので、気になっている人は検討を。

まだ先の話ですが、年末はバタバタするので、11月中にはキメるくらいの進度で。

どこのキャリアもそうですが、ガラケーユーザーは相当いるようです。

ガラケー利用者はドコモ、KDDIとも契約者数全体の約4割。

関連:携帯各社、ガラケー値下げは”苦肉の策” 格安スマホに危機感「流出無視できない」 (産経)

4割もいるんや~w

ドコモが4G LTE ケータイ向けの新プランを出し、それにauが呼応したり、

関連:[ドコモに対抗] 4G LTE ケータイ向け「スーパーカケホ」と0円から使えるデータ定額サービス、月額1,500円から [au]

関連:「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と「ケータイパック」を新設 (NTTドコモ)

ドコモは端末価格650円!のスマホ「MONO MO-01J(ZTE製)」を出すなどして、

MONO MO-01J

ガラケーユーザーをどうにかしようと目論んでいます。

どうにかしようと企(たくら)むキャリア、そうはさせんとガラケーで抵抗するユーザー。

まさに関ケ原の合戦!ですが、裏切った小早川秀秋(格安SIMへ流出)が勝利かもしれません。

SIMフリー端末は1万円前後で買えますからね。

関連:長期利用者優遇の「au STAR ロイヤル」は、ライトなガラケー利用者にはメリットナシ?

関連:「au STAR ギフト」に「ケータイ取り替えおたすけギフト(第1弾)」が追加!











関連記事

個人情報の取扱い

[au WALLET 利用規約] 個人情報取扱いに関する特約 [au WALLETカード]

第13条(本カードの個人情報取扱いに関する特約) 1.お客様は、両社等が、お客様に係る本申込情

記事を読む

auのCM

[新CM] au「金ちゃんの斧」編

関連: au STAR「本当のスター」編 関連: au「おむすびころりん」編 関

記事を読む

au WALLET×マツモトキヨシ

[期間限定] au WALLET×マツモトキヨシ キャンペーン [ポイント増量など]

ポイントアップ店であるマツモトキヨシで、au WALLETカードのキャンペーンが行われています。

記事を読む

auのCM

[新CM] au「ダブルス」編

関連: auドンドンドン得「花咲爺さん」編 関連: au学割「おはぎの日」編 関

記事を読む

やってみよう

[新CM] au「春のトビラ・やってみよう」編

関連: au STAR「本当のスター」編 関連: au「おむすびころりん」編 関

記事を読む

お買い物履歴照会(カード利用明細)問題点

お買い物履歴照会(カード利用明細)の問題点 – ①チャージ(入金)履歴が含まれていない ②csvファイルに値がないことがある [au WALLETカード]

au WALLETカードのお買い物履歴照会(カード利用明細)は、6ヶ月分しか保存されません。

記事を読む

ファンへの感謝

[新CM] au三太郎の日「ファンへの感謝」編

関連:2017年7月から「三太郎の日」が開始、ダブルチーズバーガーのプレゼントなど!

記事を読む

au WALLETカード プリペイド

au WALLET メルマガのメールタイトルに誤記 [Subjectに誤り]

au WALLETカードに登録しているメールアドレス宛に来るのでしょうかね。 以下のような「a

記事を読む

au WALLETカード プリペイド

アヤしげなメカを操縦するかぐや姫w

関連: au「秋のトビラ・三太郎の出会い」編 関連: auでんき「チラシ好き」編

記事を読む

1周年記念キャンペーン

[明日より] au WALLET 1周年記念キャンペーンは、2015年5月21日から開始!!

au WALLETカードは2014年5月21日に登場し、本日2015年5月21日で1周年を迎えます。

記事を読む


auwc@336×280

ウィラートラベル(1)

Wowma

ビデオパス


UQ mobile


イオンSuicaカード


楽天銀行

楽天デビット


新生銀行 スタートアップ円定期預金


イオン(WAON一体型)


楽天カード

初音ミクカード

楽天プレミアムカード

auひかり

新生銀行 海外でも使えるキャッシュカード


楽天ゴールドカード

エポスカード

イオンカード(WAON一体型)


倖田來未

三井住友

ファミマ

イオン

イオン(Kitaca)


JAL

JAL


ENEOSカード


ENEOSカード

TSUTAYA Tカードプラス


ウィラートラベル(2)


セブン銀行ATMで交通系ICカードや楽天Edyのチャージが可能に!

セブン銀行のATMで、交通系ICカードと楽天Edyのチャージが可能にな

みずほWallet
みずほWallet+ApplePayのダメな点

QUICPay+に対応するカードは、2018年9月現在、プリペイドカー

イトーヨーカドー
イトーヨーカドーでApplePay(QUICPay)が使用可能!

スーパーマーケットのイトーヨーカドーで、au WALLETカード(プリ

すかいらーくの優待券
WALLETポイントをすかいらーくの優待券に交換できる、けど…

以前、ためたWALLETポイントをローソンのお買い物券に交換できるとい

郵便局_日本郵便
郵便局でもカード決済が可能に、2020年から

郵便局の窓口に「キャッシュレス決済」導入。 日本郵便は、2020年か

→もっと見る


    • エラーが発生しました。ご指定のフィードは現在利用できないようです。後ほどもう一度お試しください。