au WALLET カード 情報

エーユーウォレット関連等を、auユーザー歴19年以上の管理人が書くブログ。記事数は2,200以上!

エックスサーバー(レンタルサーバー)の支払いに使用可能! [au WALLETカード]

更新日:

レンタルサーバーのエックスサーバーの支払いに、au WALLETカード(プリペイド)が使用可能でした。

エックスサーバーでは10日間のお試し期間がありますので、数日使ってみて、問題がなければ契約/支払に進みます。

まず、エックスサーバーの「インフォパネル」にログインします。

インフォパネル_エックスサーバー

ログイン情報は、お試し期間申し込み時に届くメールに記載されています。

エックスサーバーには「インフォパネル」と「サーバーパネル」の2つの管理画面があり、機能が異なります。

・インフォパネル:登録情報の確認、変更、利用期限の確認等を行う
・サーバーパネル:メールアカウントの作成・ドメインの設定などサーバに関する設定を行う

なので、今回使うのは「インフォパネル」の方です。

ログインしたら、左メニューにある「決済関連>料金のお支払い」に進みます。

左メニュー_エックスサーバー

支払う契約にチェックを入れ、契約期間を選択し、支払方法を選択します。

契約期間は3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月(1年)、24ヶ月(2年)、36ヶ月(3年)が選択可能です。

長期契約にすると、割引を受けられオトクになるようです。

支払方法には銀行振込、クレジットカード、コンビニエンスストア、ペイジーが使用可能ですが、ここでは当然クレジットカードを選択します。

支払方法_エックスサーバー

MasterCardのロゴが見え、au WALLETカード(プリペイド)が使用可能です。

ロゴを見る限り、VISA、MasterCard、JCB、AMEXが使えるようです。

「クレジットカード決済画面に進む」をクリックし、支払内容を確認、クレジットカード番号と有効期限を入力します。

カード情報入力_エックスサーバー

必要な項目はカード番号と有効期限だけで、名義やCVV番号は不要(入力する場所がない)でした。

「自動更新設定を行う」にチェックを入れるかは、各人判断してください(後述)。

「カードでのお支払い(確認)」をクリックすると、確認画面に進みます。

確認画面_エックスサーバー

内容を確認し、「カードでのお支払い(確定)」をクリックします。

支払完了_エックスサーバー

「料金のお支払いが完了しました。」と表示されれば、支払いは完了です。

au WALLETアプリ等で、au WALLETカードの残高が減少しているか、確認しましょう。

au WALLETカード(プリペイド)で支払うと、当然、税込200円毎に1ポイントのWALLETポイントがもらえます。

X10(スタンダードプラン)、最長の36ヶ月契約の場合、

・初期費用:3,000円(税別)
・月額費用:900円×36ヶ月=32,400円(税別)
・支払総額:35,400円(税別)
・支払総額:38,232円(税込) → 191ポイントGET!

となります。

エックスサーバーでは、キャンペーンとして初期費用半額などが行われる場合がありますので、支払総額や得られるWALLETポイントは変化します。

決済関連>お支払い履歴 で、支払った詳細を確認することができます。

左メニュー_決済関連_エックスサーバー

契約期間(開始-終了)も見ることができますので、終了がいつになるのか、覚えておきましょう。

請求書をPDFファイルでダウンロードすることも可能です。

請求書_PDF_エックスサーバー

エックスサーバーの管理画面(インフォパネルやサーバーパネル)はシンプルで見やすく分かりやすく、非常に使いやすいです。

どこに何あるのか分かりにくい管理画面のサーバーが多い中、エックスサーバーの優秀さが垣間見えます。

エックスサーバーでは、1回の支払いで、最長36ヶ月(3年)までの長期契約が可能です。

長期契約にすると、割引を受けられオトクになるので、長期を選択する人も多いと思いますが、長期契約で気になるのが、消費税の扱いです。

2017年時点での消費税率は8%ですが、10%になった場合、追加で請求されるのでしょうか?

決済関連>カード自動更新設定 でカード番号と有効期限を登録しておくと、自動更新もできるようです。

左メニュー_決済関連_エックスサーバー

契約終了が迫った時に更新し忘れで解約されてしまった!というトラブルが防げます。

カード自動更新設定_エックスサーバー

ですが、2017年時点で36ヶ月(3年)で契約すると、契約終了は2020年になります。

となると、au WALLETカード(プリペイド)の発行時期にもよりますが、カードの有効期限が過ぎている場合があります。

au WALLETカード(プリペイド)の誕生は2014年なので、そこから5年(通常、カードの有効期限は発行から5年間)となると、2019年が有効期限の人もいるでしょう。

その場合は、カードを登録しても意味がない(契約更新時は期限切れで使えない)ので、新しいau WALLETカード(プリペイド)が来るまで待つか、契約終了以後まで有効な他のカードを登録しましょう。

関連:au WALLETカードの有効期限はいつまで?更新方法と新機能予測

最長36ヶ月(3年)までの契約ができますが、その支払完了後、同様の手順で支払を進めると、さらに3年後の支払いができるように見えますが、試してはいません。

まぁ、レンタルサーバー業界も変化していきますし、あまり長期で契約するのもアレかもしれませんから、長くても3年程度まででしょう。

無料ブログを使っている人もいるでしょうが、レンタルサーバーを借りると、自由度が格段に増します。

エックスサーバーでは、他社で取得したドメインも移行なしに(DNSの設定だけで)使うことができます。

サーバー代やドメイン代は月毎/年毎にかかるものなので、これらの支払いにau WALLETカードが使えれば、ポイントがたまっておトクです。

au WALLETカード

なお、12ヶ月無料のAWS(Amazon Web Services,アマゾン ウェブ サービス)ですが、au WALLETカード(プリペイド)は使えません(実際に試して確認済)し、無料の枠内を超過して課金が発生するので、おススめしません!

AWSは使った分だけ後払いなのですが、転送料が高すぎるのでハナシになりません。

エックスサーバーは転送料が含まれており、かつ定額制なので心配不要ですが、AWSは従量制なので、事後にならないと費用が判明しないので怖すぎます!

従量制のAWSは事前に請求費用を確定できないという理由で、au WALLETカード(プリペイド)が使用できないのでしょう。

プリペイドカードであるau WALLETカードは、請求額を引き落とせるか、その時まで不明であり、従量制や月次決済には不適、サービス提供会社のほうではじいているのでしょう。

AWSは短期間のみ大規模サイトを公開するとか、会社のカネで自分のフトコロは痛まないとか、そういう用途では向くかもしれませんが、個人で小さくやっているサイトには不向きです。

使った分だけ後払いだからといって、料金を下げようとして、夜間だけサーバーをON(昼間は見れない)、のような使い方はしませんしw

個人レベルのサイトの場合は、エックスサーバーのような定額制のレンタルサーバーが適していると思います。

関連:エックスサーバー(プラン,費用,キャンペーン等)

関連:SMBCデビット(三井住友銀行)の使用可能範囲は狭い?

関連:ムームードメインでのドメイン取得で使用可能 [au WALLET カード]

関連:ムームードメインでのドメイン更新では使用不可能になった? [au WALLET カード]


kanren



KDDIフィナンシャルサービス
年会費無料で気軽に持てる、auユーザー限定のクレジットカード!
KDDIフィナンシャルサービス
カード上級者の貴方に。海外旅行傷害保険 最高五千万円!
アマゾン
15円分から購入可能、プリペイドカード残高の使い切りにも!

-使用可能[OK]
-, , , , , ,

Copyright© au WALLET カード 情報 , 2019 All Rights Reserved.